足の臭い 対策

MENU

足の臭い対策

足の臭い対策の方法について紹介します。

汗を抑える(対策1)

代表的な方法としてまず、あげられるのは
デオドラントです。
「制汗スプレー」や「制汗クリーム」を足の裏にスプレーをしたり、指の間に塗り、発汗作用を直接、抑えます。

 

足ムレを抑える(対策2)

2つめの対策方法として、足ムレ対策について紹介します。

 

靴下やストッキングを履く

靴を履くときは、素足のまま履かないようにします。
必ず、靴下やストッキングを利用しましょう。

 

そして、汗をかいた時には、こまめに履きまえるようにしましょう。

 

防水スプレーを使う

足ムレをした時に、気になることの一つに靴の底がジメジメしてしまう。
という状況があります。

 

対策として、靴の内側全体に防水スプレーをしておきましょう。
足が汗をかいた時、日頃から雑菌が棲み着いている靴の内側に汗が浸透するのを防ぐことができます。

 

インソール(中敷き)を使う

靴底に敷く、インソール(中敷き)を使用しましょう。

注意点

インソールは、様々なタイプのものが市販されていますが、購入時に注意することがあります。

  1. 吸水性のあるもの
  2. 1枚だけではなく、数枚用意しておく
  3. 使うたびに取り替え、使い終わったものは、きちんと乾燥させておく。

 

靴を消臭する(対策その3)

靴を履き終わった後や、臭いが気になる時には、その都度、消臭スプレーなどを使います。

 

靴は何足かをローテーションさせながら、使うように努めます。
1日履いた靴は、その後、2日間休ませることが基本となります。

 

なるべく靴を履かない(対策その4)

 自宅にいる時には、できる限り素足で過ごします。

 

外出する時は、可能ならサンダル履き、だめな時は通気性のよい靴を履くようにします。

 

靴を履く時は、機会を見つけ、靴を脱いでおくようにしましょう。

 

足が汗をかいている時には

  1. こまめに拭きとる
  2. 乾燥させる
  3. 靴下を履き替える

など、ケアをしておきましょう。

 

靴の選び方(対策その5)

 足の臭い対策方法は、靴を選ぶ時から始まっています。

足の臭いの対策(その1)

通気性のよいタイプの靴を選ぶ

 

足の臭いの対策(その2)

靴のサイズは、足のサイズにきちんとフィットしているものを選びましょう。
サイズが合わない靴を履くと、いつも違和感を感じてしまうこととなります。
足のことを意識すればするほど、足は汗をかいてしまうものです。

 

足の臭いの対策(その3)

女性の場合には、ヒールの高さにも気配りが必要です。
適度な高さのヒールを選ぶようにしましょう。
一つ上の項と同じ理由ですが、ヒールが高過ぎる靴を履くと、足が緊張します。
緊張をすると汗をかくのは足でも同じ事です。

 

足の臭いの対策(その4)

また、ヒールの高い靴を履くと足全体にかかる負担も増え、足の裏がこすれる状態が続きます。
結果、足の角質層が剥がれやすくなります。
剥がれ落ちた角質層は雑菌の餌となってしまい、臭いがきつくなる原因となります。

 

【驚異の消臭力 デオル急速分解消臭ソックス】

足の臭いを抑える靴下購入サイトはこちら

↑公式サイトはこちらをクリック↑

 

※足の臭いを抑えると噂の消臭靴下の実験結果を紹介中!
詳細は、TOPページへ
消臭靴下足の臭い

 

足の臭い対策に便利な専門サイトもご案内します。

 

足の臭い対策ラボ