足の臭い 原因

MENU

足の臭いの原因

足の臭いの原因についてまとめてみました。

最初に、足の臭いの原因は、一つでは、ありません。
複合的な条件によってにおいは発生します。
ここでは、足の臭いの原因として代表的な要因をあげ、順次ご紹介します。

足の汗(原因その1)

夏、靴の中がムレてしまい、靴底はジメジメするし、足が臭くなるというのは、誰もが経験するところです。
ですが冬場でも、足は冷えてしまい痛いくらいなのに靴の中では足が汗ばんでしまうということも、よくあるのではないでしょうか?

 

実は、足の裏は汗腺(かんせん)の過密地帯です。
体の他の部分と較べ、驚くことに3倍~10倍の汗腺が集中しています。

 

そして、足の裏側がかく汗の量は1日に約コップ1杯分と言われています。
それだけの量の汗をかけば、当然、ちょっと放置しておけば、雑菌が繁殖してしまいます。

 

結果、雑菌が、足に付着している汚れを分解し、その際の臭いが悪臭の原因となるのです。

足の角質(垢)(原因その2)

足の裏は、特に角質が厚くなっている部分です。
目にはあまり見えませんが、人は新陳代謝により、一日中、体の表面の角質がぼろぼろとこぼれ落ちています。

 

当然、分厚い角質で覆われている足の裏では、歩いたりする時の床や靴下などとの摩擦で、角質が剥がれ落ちており、これが垢の原因となります。
上記「足の汗」の項で説明をした雑菌と相まって、足の垢が大量に混ざることで臭いはさらに強烈になってしまいます。

靴ムレ(原因その3)

靴を長時間履いていると、足の中は外気から密封された状態となります。
靴を履いている状態でかいた汗は蒸発することを許されず、靴の中や靴下の中は、相当な高音多湿な状態となります。

 

時間とともに、靴の中の温度は上昇し続けます。
当然ながら、足に付着している雑菌が活動をするにはうってつけの状態です。

 

さらに悪い事は続きます。
足はムレているために、普段以上に角質層が剥がれやすくなってしまいます。
雑菌の活動は次第にエスカレートし、いつまでも足のきつい臭いの元が供給され続ける結果となってしまいます。

 

【驚異の消臭力 デオル急速分解消臭ソックス】

足の臭いを抑える靴下購入サイトはこちら

↑公式サイトはこちらをクリック↑

 

※足の臭いを抑えると噂の消臭靴下の実験結果を紹介中!
詳細は、TOPページへ
消臭靴下足の臭い